Punchの甘えん坊将軍

フレンチブルドッグのパンチ君とのほのぼのスローライフ

0501

チューリップを見に行ってきました。  


少々さかのぼって4月20日ごろのこと…

せっかくこの春新しいデジカメX-T2と、
トンデモレンズXF16-55mmF2.8Rを買ったので
       数年振りにチューリップでも写しに行きたいな~と思ってた。

で、色々と情報を頂き、4月24日に行ってきました。

久し振りにアイシスの助手席でご満悦なパンチ。

そして当日の朝刊に「戸出西金屋地区で菜の花が満開」ってニュースが出てた。
ラッキー! 通り道なので行きか帰りに菜の花もGETだぜ!って寸法です。

そしたら思ったエリアに菜の花が咲いてたよー。
170501a2.jpg
菜の花って間近で見るより少し離れて見た方が綺麗です。

170501a3.jpg
これこれ、パンチ君、邪魔! 

170501a4.jpg(←クリックで大)
それじゃ~と言う事で車を反転させて、運転席側の窓から写して見ました。

次にチューリップを求めて移動したら、すぐ近くで小規模な畑を見つけました。
170501a5.jpg
車を止める場所が無いので、これも車窓から…
170501b1.jpg
どうやら新種の背が低く、花弁がギザギザのやつっぽい。

こちらは小型の紫色のチューリップ。
170501b2.jpg
こんな風に見た紫はただただ地味…(´・ω・‘)

しかも右側は既に花を刈り取られていたし…

170501b3.jpg
ふたたび菜の花。  黄色が目に刺さる程鮮やかでした。

少々迷子になってナビタイムに誘導して貰ってた最中に
そこそこの規模のチューリップ畑を発見! しかも路肩広し!
170501b4.jpg(←クリックで大)
富山県民が持つ、一般的なチューリップ畑のイメージ通り。

170501b5.jpg
う~ん…  やっぱチューリップってド派手な原色が良いな~…
170501c1.jpg
これ! これこそチューリップじゃ! しかし… 実は赤ってとっても難しい。

170501c2.jpg
こんなに明るい中でも白飛びせずにきちんと白をとらえてる神レンズは凄い。
なのに赤い花って歯切れが悪いのです。  後ほど詳しく…

170501c3.jpg
25年から30年程まえなら、この辺の田んぼの全てがこんな感じだった、と思う。

170501c4.jpg
砺波平野が原色に染まった景色をドローンで見たかっらね。

さて、花の色の話し。

まずは白いチューリップ。
170501c5.jpg(←クリックで大)
花弁のスジまでクッキリと移ります。

同様に黄色も…
170501d1.jpg(←クリックで大)
元画像の21%でこのクオリティ。

そして問題の赤色。
170501d2.jpg(←クリックで大)
ガッカリでしょ? 赤って難しいのです。 これはコピーでも同様です。

唯一の解決策を見つけた。 その結果の画像。↓
170501d3.jpg(←クリックで大)
思い切って絞り込む。 するとコントラストが引き立ち、被写界深度が広がります。

色々とトライしてた時のパンチはヒマそうでした。
170501d4.jpg
乾いた畔をうろうろ。

170501d5.jpg(←クリックで大)
絞って写すと遠景もボケません。  
バカチョンってこんな原理の画なんです。

当初目指してた目的地へ行く事無く、
ここで満足しちゃったのでもう良いよね?って事になって、やんわり帰路につきました。

するとちょっと行った所で、別の畑を発見。
こっちはこっちでまた雰囲気が良いな~と寄り道。
170501e1.jpg
川が1本あるだけで、ここまでイイ感じになるとは…

170501e2.jpg
常に一番乗りはパンチなのですけど…  どや顔が凛々し過ぎます。

170501e3.jpg
こっちは先の畑より大規模。  花の尾根が300m以上ありそう。

170501e4.jpg
川向こうのパンチを絞って撮影。

170501e5.jpg
農家のおばさん達が刈り取り作業してたよ…

170501g1.jpg(←クリックで大)
花畑に浮かぶアパートがとてもメルヘンチックでした。

170501g2.jpg(←クリックで大)
今日の主役はチューリップなんだけど、お前の事も忘れていないよ。

そして来たる5月4日、能登島にてはなちゃんやまと君に会いに行くよ。

欧式カイロプラクティックの老舗    毎日更新中!日刊 himedakaコチラもどうぞ
  カイロプラクター・ヒメノ
スポンサーサイト

Posted on 2017/05/01 Mon. 19:38 [edit]

CM: 0
TB: 0

0414

お花見・後半  


富山市内から再び神通川と渡り、県西部方向へ。
170414a1.jpg
上の画像は車内から見た神通川左岸の桜並木。

このまま直進したのが前回の最後の画像。
そしてこちらに続きます。
170414a2.jpg
ここを登るとこれまた地元富山では超メジャーな呉羽山展望台
170414a3.jpg
そこそこ混み合っている山道沿いも桜並木。
170414a4.jpg
山頂に車を止めて北側の展望台へ徒歩で向かいます。
なんと富山で生まれ育って数十年、
      加古に何十回もここに来ているのに、
            この先へ侵入するのは人生初めて。

170414a5.jpg
底から見た戸谷駅方面。  左端に見えるのが新幹線の線路です。

喫茶店とか貸席とか民家とか7~8棟の建物があった。
意外と拾いに驚きました。

展望台へもどりましょう…

170414b1.jpg
進む方向が変わると目に付く景色も戸が居ます。

170414b2.jpg
相変わらずスタスタ歩くパンチ。  

170414b3.jpg
まだまだ陽射しが強いおかげで気温が快適です。

170414b4.jpg
展望台からの富山駅。
ほんの300mほど移動しただけで、新幹線の線路の位置関係がかなり違います。

170414b5.jpg
展望台の全景。  夜には一寸ずりの大渋滞なんだろうな~…

170414c2.jpg
今日は良く歩いたね。  気温が低めで良かったよ。

170414c3.jpg
再び桜の木の下を取って帰りましょ。
170414c4.jpg
富山には犬を連れたままチョイと座って何か食べたリ飲んだりできる店が殆ど無い。
こういう点は都会が羨ましいね。

170414c5.jpg
帰りの車内のパンチ。  三時間以上歩いたけど全然余裕だな。
でもこの後ゴローンと寝ころんでた。  でも車のシートは寛げないみたい。

欧式カイロプラクティックの老舗    毎日更新中!日刊 himedakaコチラもどうぞ
  カイロプラクター・ヒメノ

Posted on 2017/04/14 Fri. 13:45 [edit]

CM: 2
TB: 0

0322

あらためましてX-T2  


え~… 当然ですが、使い倒しております。(´∀`;)ゞ

使えば使うほどに深みにハマって行く様は
      X-T1を買った時と同じほどに奥深い世界に誘われる。

そして、見れば見るほどカッコイイのであります。

170322a2.jpg
デザイン的には99%そっくりなX-T1も大変カッコイイ。

さて、去る12日…  満月だったのでX-T2で初撮影に挑んでみました。
170322a3.jpg
40%縮小した画像です。
残念ながらこの日は薄っすらと靄が出てて、月は少しぼんやりです。

なのでこの前夜、11日の月も載せてみます。
170322a4.jpg
こっちの方がくっきりですが、11時方向が若干欠けています。
そして模様を見ると分かる通り、
月は一晩で時計の反対回りに90度程回転するようです。

そして、この撮影している時の出来事を少々…

ま、普通に月だけを狙うとしたら
月を真ん中に持って来てピントを合わせます。

しかし、三脚にカメラを固定して月を真ん中に置いて
     普通ならオートフォーカスで十分ピントが合って、あとは
          シャッター速度や絞りで色合いやコントラストを調整…

170322a5.jpg
そんな事をしていると、1~2分の間に月は右斜め上へ逃げてゆく。
170322b2.jpg 170322b3.jpg 170322b4.jpg
3連写で見ると、こんな感じです。

170322b1.jpg
モニターでは四角い枠から出て行きます。

そしたらまたカメラを動かして月を真ん中に持って来るわけですが…

170322b5.jpg
この時はボールヘッド雲台ってのを使ってたんです。
170322c1.jpg
ボールヘッドはご覧の通り、右のダイヤルの締緩で
あらゆる方向に自由自在に頭を振る事が出来ます。
一見大変優れ物ですが、逆を言うと実に不安定で
収まりが良くないとも言えるのです。

で、なかなか真ん中に月を置けなくてイライラしてるうちにまた月が逃げると…
そして ヽ(#`_つ´)ノ ムキーツ ってなった時、ふと閃いた。

逃げた月にピントを持って行けと…
170322c2.jpg
   ↓
170322c3.jpg
な、なんで今までこんな簡単な事を思い付かなかったんだろう…_l ̄l●

あ、ちなみにこの操作はどんなデジカメでも普通に出来ます。

例えばX-T1では、赤丸の十字キーを下にすると、下のコマンド画面が出てきます。
170322c4a.jpg

その後、上下左右で好きな所へ移動させます。

で、これがX-T2ではちょっと違います。
チョッとは言いましたが、
一番大きく変わった点でもあり、
ユーザーから一番評価が高い点でもありますが…
170322c5a.jpg
新たに装備されたフォーカスレバーを動かすだけで自由自在です。
使い方はゲーム機のコントローラーのジョイスティックと同じです。
これ、噂通り超便利&超スピーディー&超スムーズです。

と言う事で、この状態も
170322c2.jpg

レバー一つでこう…↓
170322d1.jpg


それからね…  この記事書いてて気付いたことがあるんですけど…

これ、X-T2の後姿なんですけどね?
170322d4.jpg

ほら、X-T1ってブラックボディーに白文字で、とっても見易いんですよ。
170322d5a.jpg

グラファイトシルバーに黒文字ってちょっと地味…(TT)

と、それはさておき
170322d2.jpg
オールアルミ製大型グリップが装備されて持ち易くなったよー。

もちろんX-T1にも付けてたよー。
170322d3.jpg

X-T1の方は純正品で1万3千円ほどだったけど、
     X-T2の方は中国製で2685円と格安だったぜい。
          しかも中国からの国際小包送料込って安さだぜー。

170322e1.jpg
これにてアルカスイス規格の雲台に簡単装着できますぜー。

170322e2.jpg
ってことで、まだまだ当分の間、楽しめそうですよー。


欧式カイロプラクティックの老舗    毎日更新中!日刊 himedakaコチラもどうぞ
  カイロプラクター・ヒメノ

Posted on 2017/03/22 Wed. 22:06 [edit]

CM: 0
TB: 0

0312

バッキーン!と晴れました。  


昨日に続いて素晴らしい晴天。
     そして今日は午後から予約無し!
          と言う事で行きますよ、海王丸パーク。

で、今日のレンズはXF18-135mmF3.5-5.6RLM OIS WR

実はいつの間にか所有数が8本に達したXFマウントレンズの中で、
     2番目に重くて2番目に高価ななのがこの18-135mmなのですが、
          万能性を期待した割にイマイチな印象でなかなか出番が無かった。

それがX-T2に替わって生き返るかどうか、大きく期待しての出動です。

海王丸パークまで待ちきれずにファーストショット。
カメラのモニターでもきちんと解像しているのが解った。

なかなか良いんじゃないか?

ついつい2枚目
170312a2.jpg
さらに3枚目
170312a3.jpg
奈古の浦大橋上から先へ進んで立山が見えると
       なぜかついついシャッターを押してしまいます。
              見慣れたはずの立山ですが、写さずにはいられない。

170312a4.jpg
さて、到着。  駐車場は7割ほど埋ってるかな?

170312a5.jpg
せっかくのワイドズームなのでワイド端から行きます。

そして半分ほどズームしてみる。
170312b1.jpg

もう1度ワイド端18mm。
170312b2.jpg

海王丸をイイ感じにズームしてみる。
170312b3.jpg

次に立山をイイ感じにズーム。
170312b4.jpg

う~ん…  このレンズって、こんなに映るレンズだったとは…

170312b5.jpg
F8かF9辺りから急に色が良くなる。

170312c1.jpg
明るい被写体が特に(・∀・)イイ!!  白飛びしないし。

6mの距離を41.3mmで撮って、30%縮小。
170312c2.jpg
残念ながらX-T1ではこういう画は撮れなかったです。

Fullから70%まで縮小してトリミング。
170312c3.jpg
新港開口部のの東側を旋回してたカモメ。
135mmでこんなに綺麗に撮れてるとは思わなかった。

170312c4.jpg
さて、後の芝生に顔を埋めるほどクンクンしてたパンチが

170312c5.jpg
突然何かに気付いて大急ぎで駆けだした。

さてパンチが駆けだした先にはいったい何が… (つづく…)


欧式カイロプラクティックの老舗    毎日更新中!日刊 himedakaコチラもどうぞ
  カイロプラクター・ヒメノ

Posted on 2017/03/12 Sun. 22:54 [edit]

CM: 0
TB: 0

0307

ベースが変わると全てが変わる  


う~む… 
現代の現行モデルの中でこれ以上カッコイイカメラは無いんじゃないか?
    と思ってしみじみと眺めていられる。 やっぱりシルバーにして良かった。

そして比較対象が無いから解り辛いけど、
     他のデジイチと比べると結構小さくて良い。

さて、前のカメラX-T1では多分撮れなかったと思しき画像を上げてみます。
最初はコチラ・・・↓
170307a3.jpg
一見いつものお尻画像ですが、元はコチラ・・・↓
170307a2.jpg
X-T1とXF27mmではこの距離で上の解像は無理だった。

同様に…
コチラ・・・↓
170307a4.jpg
全景が上の写真ですが、そこからの切り出し。↓
170307a5.jpg
恐らくプロがパネル用の撮影でもしない限り、
        これ以上の解像度は不要と思われます。

次はコチラ・・・↓
170307b1.jpg
突然駆け出した時の追従性。
X-T1でも結構AFは早かったのですが、
      X-T2のAF速度はそれを遥かに上回る。
            そしてそれ以上にその正確性に感激する。

170307b2.jpg

最近はこの方の様に、首からデカいカメラをぶら下げている人が増えました。
上のカメラはキャノン、イオス・キッス。  一眼レフ入門モデルの定番です。
入門モデルと言っても紛れもなく本物なので、全てのスペックは高レベル。

そして最後に…
170307b3.jpg
元から20%へ縮小してトリミングした画像。
毛の1本1本が普通に綺麗。  
XF35mmF1.4Rでないと撮れなかったと思う。
それがXF27mmF2.8Rで撮れる事の意味は大きい。

P・S…
170307b4.jpg
ハーネスに引かれて背中の模様がひしゃげて❤型になった瞬間。
近くのカップルが「見て見て!あの犬背中にハートの模様ある!!」って勘違いされた。
ざんねーん…  実際は逆水滴型と言うか、細いイチゴかイチジク型なのでありました。


欧式カイロプラクティックの老舗    毎日更新中!日刊 himedakaコチラもどうぞ
  カイロプラクター・ヒメノ

Posted on 2017/03/07 Tue. 14:57 [edit]

CM: 0
TB: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

▲Page top