Punchの甘えん坊将軍

フレンチブルドッグのパンチ君とのほのぼのスローライフ

0322

あらためましてX-T2  


え~… 当然ですが、使い倒しております。(´∀`;)ゞ

使えば使うほどに深みにハマって行く様は
      X-T1を買った時と同じほどに奥深い世界に誘われる。

そして、見れば見るほどカッコイイのであります。

170322a2.jpg
デザイン的には99%そっくりなX-T1も大変カッコイイ。

さて、去る12日…  満月だったのでX-T2で初撮影に挑んでみました。
170322a3.jpg
40%縮小した画像です。
残念ながらこの日は薄っすらと靄が出てて、月は少しぼんやりです。

なのでこの前夜、11日の月も載せてみます。
170322a4.jpg
こっちの方がくっきりですが、11時方向が若干欠けています。
そして模様を見ると分かる通り、
月は一晩で時計の反対回りに90度程回転するようです。

そして、この撮影している時の出来事を少々…

ま、普通に月だけを狙うとしたら
月を真ん中に持って来てピントを合わせます。

しかし、三脚にカメラを固定して月を真ん中に置いて
     普通ならオートフォーカスで十分ピントが合って、あとは
          シャッター速度や絞りで色合いやコントラストを調整…

170322a5.jpg
そんな事をしていると、1~2分の間に月は右斜め上へ逃げてゆく。
170322b2.jpg 170322b3.jpg 170322b4.jpg
3連写で見ると、こんな感じです。

170322b1.jpg
モニターでは四角い枠から出て行きます。

そしたらまたカメラを動かして月を真ん中に持って来るわけですが…

170322b5.jpg
この時はボールヘッド雲台ってのを使ってたんです。
170322c1.jpg
ボールヘッドはご覧の通り、右のダイヤルの締緩で
あらゆる方向に自由自在に頭を振る事が出来ます。
一見大変優れ物ですが、逆を言うと実に不安定で
収まりが良くないとも言えるのです。

で、なかなか真ん中に月を置けなくてイライラしてるうちにまた月が逃げると…
そして ヽ(#`_つ´)ノ ムキーツ ってなった時、ふと閃いた。

逃げた月にピントを持って行けと…
170322c2.jpg
   ↓
170322c3.jpg
な、なんで今までこんな簡単な事を思い付かなかったんだろう…_l ̄l●

あ、ちなみにこの操作はどんなデジカメでも普通に出来ます。

例えばX-T1では、赤丸の十字キーを下にすると、下のコマンド画面が出てきます。
170322c4a.jpg

その後、上下左右で好きな所へ移動させます。

で、これがX-T2ではちょっと違います。
チョッとは言いましたが、
一番大きく変わった点でもあり、
ユーザーから一番評価が高い点でもありますが…
170322c5a.jpg
新たに装備されたフォーカスレバーを動かすだけで自由自在です。
使い方はゲーム機のコントローラーのジョイスティックと同じです。
これ、噂通り超便利&超スピーディー&超スムーズです。

と言う事で、この状態も
170322c2.jpg

レバー一つでこう…↓
170322d1.jpg


それからね…  この記事書いてて気付いたことがあるんですけど…

これ、X-T2の後姿なんですけどね?
170322d4.jpg

ほら、X-T1ってブラックボディーに白文字で、とっても見易いんですよ。
170322d5a.jpg

グラファイトシルバーに黒文字ってちょっと地味…(TT)

と、それはさておき
170322d2.jpg
オールアルミ製大型グリップが装備されて持ち易くなったよー。

もちろんX-T1にも付けてたよー。
170322d3.jpg

X-T1の方は純正品で1万3千円ほどだったけど、
     X-T2の方は中国製で2685円と格安だったぜい。
          しかも中国からの国際小包送料込って安さだぜー。

170322e1.jpg
これにてアルカスイス規格の雲台に簡単装着できますぜー。

170322e2.jpg
ってことで、まだまだ当分の間、楽しめそうですよー。


欧式カイロプラクティックの老舗    毎日更新中!日刊 himedakaコチラもどうぞ
  カイロプラクター・ヒメノ
スポンサーサイト

Posted on 2017/03/22 Wed. 22:06 [edit]

CM: 0
TB: 0

0312

バッキーン!と晴れました。  


昨日に続いて素晴らしい晴天。
     そして今日は午後から予約無し!
          と言う事で行きますよ、海王丸パーク。

で、今日のレンズはXF18-135mmF3.5-5.6RLM OIS WR

実はいつの間にか所有数が8本に達したXFマウントレンズの中で、
     2番目に重くて2番目に高価ななのがこの18-135mmなのですが、
          万能性を期待した割にイマイチな印象でなかなか出番が無かった。

それがX-T2に替わって生き返るかどうか、大きく期待しての出動です。

海王丸パークまで待ちきれずにファーストショット。
カメラのモニターでもきちんと解像しているのが解った。

なかなか良いんじゃないか?

ついつい2枚目
170312a2.jpg
さらに3枚目
170312a3.jpg
奈古の浦大橋上から先へ進んで立山が見えると
       なぜかついついシャッターを押してしまいます。
              見慣れたはずの立山ですが、写さずにはいられない。

170312a4.jpg
さて、到着。  駐車場は7割ほど埋ってるかな?

170312a5.jpg
せっかくのワイドズームなのでワイド端から行きます。

そして半分ほどズームしてみる。
170312b1.jpg

もう1度ワイド端18mm。
170312b2.jpg

海王丸をイイ感じにズームしてみる。
170312b3.jpg

次に立山をイイ感じにズーム。
170312b4.jpg

う~ん…  このレンズって、こんなに映るレンズだったとは…

170312b5.jpg
F8かF9辺りから急に色が良くなる。

170312c1.jpg
明るい被写体が特に(・∀・)イイ!!  白飛びしないし。

6mの距離を41.3mmで撮って、30%縮小。
170312c2.jpg
残念ながらX-T1ではこういう画は撮れなかったです。

Fullから70%まで縮小してトリミング。
170312c3.jpg
新港開口部のの東側を旋回してたカモメ。
135mmでこんなに綺麗に撮れてるとは思わなかった。

170312c4.jpg
さて、後の芝生に顔を埋めるほどクンクンしてたパンチが

170312c5.jpg
突然何かに気付いて大急ぎで駆けだした。

さてパンチが駆けだした先にはいったい何が… (つづく…)


欧式カイロプラクティックの老舗    毎日更新中!日刊 himedakaコチラもどうぞ
  カイロプラクター・ヒメノ

Posted on 2017/03/12 Sun. 22:54 [edit]

CM: 0
TB: 0

0307

ベースが変わると全てが変わる  


う~む… 
現代の現行モデルの中でこれ以上カッコイイカメラは無いんじゃないか?
    と思ってしみじみと眺めていられる。 やっぱりシルバーにして良かった。

そして比較対象が無いから解り辛いけど、
     他のデジイチと比べると結構小さくて良い。

さて、前のカメラX-T1では多分撮れなかったと思しき画像を上げてみます。
最初はコチラ・・・↓
170307a3.jpg
一見いつものお尻画像ですが、元はコチラ・・・↓
170307a2.jpg
X-T1とXF27mmではこの距離で上の解像は無理だった。

同様に…
コチラ・・・↓
170307a4.jpg
全景が上の写真ですが、そこからの切り出し。↓
170307a5.jpg
恐らくプロがパネル用の撮影でもしない限り、
        これ以上の解像度は不要と思われます。

次はコチラ・・・↓
170307b1.jpg
突然駆け出した時の追従性。
X-T1でも結構AFは早かったのですが、
      X-T2のAF速度はそれを遥かに上回る。
            そしてそれ以上にその正確性に感激する。

170307b2.jpg

最近はこの方の様に、首からデカいカメラをぶら下げている人が増えました。
上のカメラはキャノン、イオス・キッス。  一眼レフ入門モデルの定番です。
入門モデルと言っても紛れもなく本物なので、全てのスペックは高レベル。

そして最後に…
170307b3.jpg
元から20%へ縮小してトリミングした画像。
毛の1本1本が普通に綺麗。  
XF35mmF1.4Rでないと撮れなかったと思う。
それがXF27mmF2.8Rで撮れる事の意味は大きい。

P・S…
170307b4.jpg
ハーネスに引かれて背中の模様がひしゃげて❤型になった瞬間。
近くのカップルが「見て見て!あの犬背中にハートの模様ある!!」って勘違いされた。
ざんねーん…  実際は逆水滴型と言うか、細いイチゴかイチジク型なのでありました。


欧式カイロプラクティックの老舗    毎日更新中!日刊 himedakaコチラもどうぞ
  カイロプラクター・ヒメノ

Posted on 2017/03/07 Tue. 14:57 [edit]

CM: 0
TB: 0

0306

XF27mmF2.8Rで海王丸パーク  


新しいカメラを手に入れて子供のように喜んでいるのですが、
    ボディが変わった事で手持ちのレンズのキャラがどう変わる?
        と言う事で、カメラが変わると2度美味しいのでありますよ。

で、今回合わせてみたのがXF27mmF2.8R。
     現行フジフイルム中最薄最軽量ではないかな?

レンズが薄くなっただけで、ゴツイ一眼からライトなバカチョンにイメチェンです。
170305a1.jpg
お気に入りのライカ風プロテクターを着けてもこんな感じ。
     軽さは絶対的正義である。  超快適でバシバシ撮ります。

170305a3.jpg
このレンズはX-M1用に着けっぱなしにしようと思って買った物。
でもなんだか切れ味がイマイチと言うか、もっさりした印象だった。
で、あまり出番が無かったんですけど、X-T2に合わせてみたら生き返った。
170305a4.jpg
明るさのコントロール… つまり絞りが上手く行くと素晴らしい。
170305a5.jpg
とりわけ晴天でたっぷりの光量があると簡単です。
170305b1.jpg
焦点距離27mm(実質42mm程度)も悪くない。

170305b2.jpg
今までこう言う写真はミスが多かったけど、X-T2のAF速度がそれを補ってくれます。

170305b3.jpg
今日は晴天の土曜日と言う事で、普段の週末の5~6倍の人出でまあまあ賑やか。
170305b4.jpg
ワンコ連れも多数…  ご挨拶は楽しいです。
170305b5.jpg
人様に対してのサービスも忘れて降りません。
170305c1.jpg

170305c2.jpg

170305c3.jpg

170305c4.jpg
ほとんどがパンチの体重の1/3以下の小さい子ばかり。
170305c5.jpg
パンチのマッチョぶりが際立ちます。
170305d1.jpg
XF27mmF2.8Rには絞りリングが無いのでカメラ側で絞ります。
それがイササカ面倒で独特の慣れが必要です。
もう1~2段階明るい方が、画的には綺麗になるでしょう。
170305d2.jpg
フルサイズから20%へ縮小しても、必要以上に解像度の高さが窺えます。

これから明るい春を迎えるのが待ち遠しい…


欧式カイロプラクティックの老舗    毎日更新中!日刊 himedakaコチラもどうぞ
  カイロプラクター・ヒメノ

Posted on 2017/03/06 Mon. 00:18 [edit]

CM: 0
TB: 0

0227

とりあえず、どう?  


悪魔が来たりて笛を吹く 改め 悪魔が来たりてポチってた…

と言う訳で、悪魔が勝手に手続したらしく、
       なぜかマップカメラから荷物が届いたのだ…

そんな訳でX-T2。  愛用のレンズ35mmF1.4で試し撮り。
170227a1.jpg(←クリックで大)
オリジナルから20%縮小した画像1200×800

そのオリジナルサイズから1200×800トリミング
170227a2.jpg(←クリックで大)
X-T1でもかなり凄いのに、更にそれを進化させるとは…
      操作フィーリングがまた格別に良くなっててベタ惚れ❤❤❤

とりあえず、報告的アップロード。  詳しくは追々に…


欧式カイロプラクティックの老舗    毎日更新中!日刊 himedakaコチラもどうぞ
  カイロプラクター・ヒメノ

Posted on 2017/02/27 Mon. 21:34 [edit]

CM: 2
TB: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

▲Page top