fc2ブログ

Punchの甘えん坊将軍

フレブル・パンチとスローライフ

0314

CT-125 納車しました。  


3月13日(水) AM11:00 CT-125 納車しました。

240314a1.jpg
新車ですが、実は2023年モデルです。
既に2024年モデルが発売されているのですが、この色が欲しかった。
2024年はこの色が無くなって新色のイエローが加わりました。
イエローと迷ったのですが、イエローは納車まで3ヶ月待ちでした。

240314a2.jpg
昔はこの赤いHmウイングマークのエンブレムは
   とびっきりの特別なモデルにしか付かなかったけど
      今では全ての世界戦略モデルに付けられています。

240314a3.jpg
ぱっと見の武骨な外見とは裏腹に、実は非常に軽いのに驚く。

世界のトップブランドHondaのオートバイは日本の誇りですが、
   実はこのCT-125は開発から生産までタイで行われています。
      隅々まで見回すとかつての日本製とは方々違いが見てとれます。

240314a4.jpg
例えばこのサイドスタンド。 設置部分が薄い鉄板の切り出しのみだったり

240314a5.jpg
こう言うアクスルシャフトやナット類も安っぽい亜鉛メッキです。
かつては全て研磨した上にハードクロームメッキが施されていました。

240314b1.jpg
エンジンオイルの注入口の蓋の先にはオイルのレベルゲージが付いてる筈ですが
   こう言う所もコインで開けると撮み難いとか考えないのだろうか?とか思ってしまう。

240314b2.jpg
エンジンガード兼用のサブフレームはこのモデルから少し大型化されたようです。
ワイルドな外見を演出するのに一役かっていますね。
そしてシリンダーヘッドカバーにはタペット調整用の蓋が付いています。

240314b3.jpg
水平近くまで前倒しているシリンダーの上部にはインジェクションが付いています。
一昔前ならシンプルに湾曲したポートの先にキャブレターが付いていました。

OHC125cc単気筒エンジンのインジェクションにしては異常な数の
   センサーやら何や得体の知れない凄い数の電線が繋がっていますww

240314b4.jpg
そして今や全てのオートバイに標準装備が義務化となったABSがここに搭載されています。

ABSのセンサー精度は大変なもので、例えばスプロケットの歯数を変えると
    エンジンの意図した回転数と差が出る訳で、それを検知してエラーが出る始末。

なんだか世知辛い仕様になっているようです。

240314b5.jpg
タイヤの髭が如何にも新品って主張しています。
フェンダー先端の白帯は原付二種である事の証明です。

240314c1.jpg
2012年8月。 東京から帰って来る時に仕舞ったヘルメットのコンペシールド。
齢12年の年月を経て、その封印を解く時が来ました。

そして今日… 初めて5~6km乗ってみました。

240314c2.jpg
う~~ん… 思ってたのと随分違う。
ハンドリング軽過ぎ。 直進安定性にやや難あり。
高校生の頃、初めてロードパルに乗った時と同じ印象だったw
まぁ片手で後輪持ち上がるほど軽いんだから仕方無いかなww

240314c3.jpg
デジタルメーターは苦手ですww

とりま当分の間カスタムパーツと睨めっこしているだけで楽しめそうです。

ではまた。

毎日更新中!日刊 himedakaコチラもどうぞ
関連記事
スポンサーサイト



Posted on 2024/03/14 Thu. 18:15 [edit]

CM: 0
TB: 0

« 今季初めて川行きましたが…  |  3月の1/3が過ぎました。 »

コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://bulldogpanchi.blog.fc2.com/tb.php/1223-83ebc212
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

▲Page top