Punchの甘えん坊将軍

フレンチブルドッグのパンチ君とのほのぼのスローライフ

0306

島尾海岸から氷見へ…  

タイトルは変わりますが、part2です。
140306a1.jpg島尾海岸です。 いつもは通るだけで、奥まで入ったのは実は初めて。
140306a3.jpg結構広い松林の公園がありました。
140306a4.jpgチョッとした遊具もありましたが、閑散としててお年寄りが小さい子を連れて来てただけ。

そこから見た新湊方面の砂浜はこんな感じ…
140306a2.jpgなんか木屑が沢山漂着しててあまり綺麗じゃないイメージ。
140306a5.jpg実はちょっと前までここで四駆がスタックしてた。
砂浜で四躯が亀になる事は意外と多い。 気を付けよう、渚で四躯が亀になる…

ところで公園の奥に檻が見えたので「なんだろう?」と思って近付くと…
140306b1.jpgなんと、お猿さんが居るではないですか!!
140306b2.jpgもう絵に描いた様な猿。

140306b3.jpg向かいの檻にはクジャクが居ましたが、
140306b4.jpgこの方はクジャクなんかには全く興味がありません。 渾身のパワーで僕を曳きます。(^^;;
140306b5.jpg穴が掘れてしまう勢いで大地を引っ掻く。 おいおい、君もそのうちスタックするぞ!?
140306c1.jpgこのパワーを活かして畑とか耕せないだろうか?

何とか引き離して砂浜へ移動。
140306c2.jpg先の画像と違って、水際に近付くと凄く綺麗でした。

140306c3.jpg砂底の生物、ツメタガイ。(の殻) 沢山打ち上げられていました。

この貝は砂の中で、貝から出た身が裏返って貝自体を包み、
          更に粘液で砂を纏って砂団子見たいになって生きています。

他にも沢山の貝殻…
140306c4.jpg多分赤貝(上)とハマグリ(下)。

140306c5.jpgこう言う顔をしている時のパンチは機嫌がイイとき。

140306d1.jpgこれはタコノマクラ。 こう見えてウニの仲間。 
生きてる時は細かいトゲトゲに覆われてて、表側は緑掛かったグレーです。


ところで、こう、砂が砂利状になって溜まっている所がピンクっぽい…
140306d2.jpg近付いてみたら、
140306d3.jpg1cm程の小さな貝でした。 マジでピンクじゃん… 多分、サクラガイモモノハナガイ

140306d4.jpgやっぱりパンチはご機嫌。 跳ねるような足どりでドンドン行きます。

なんか、海岸と海の画像ばかりで気が退けます。
140306d5.jpg

part3へつづく…

欧式カイロプラクティックの老舗
    カイロプラクター・ヒメノ
関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2014/03/06 Thu. 21:59 [edit]

CM: 2
TB: 0

« part3  |  松太枝浜~雨晴・島尾 »

コメント

極悪ツメタガイがいるということはアサリが獲れるのでしょうね…あ、でも干満差があまりないなか…

とんび #- | URL | 2014/03/08 00:56 * edit *

>とんびさん
数は少ないけどアサリは居ますね。
あと意外と知られていないけどハマグリや赤貝も居ます。

この辺では見た事ないですけど、能登半島の千里浜にはアミメキンセンガニってカニが沢山砂の中に居ますよ。

Punchパパ #- | URL | 2014/03/08 14:42 * edit *
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://bulldogpanchi.blog.fc2.com/tb.php/320-65762d95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

▲Page top