Punchの甘えん坊将軍

フレンチブルドッグのパンチ君とのほのぼのスローライフ

1018

洞杉探訪(後編)  

さて、蛇石を後にして先へ進むと…
121018a.jpg
こんなのや    こんなのが
121018b.jpg
右に左に生えていて、細くても直径は軽く1mを超える。
     そういうのに感心しながら歩くと、目的地周辺に到着。

立派なベンチがあるではないですか。
121018d.jpg
とりあえず、腹ごしらえと行きましょう。
     今日もきょんさんお手製のお弁当です。
          今日はお稲荷さん。 ゴチになります。
121018e.jpg

足元では草を食むパンチ君。 とりあえず何か噛んでる子です。
121018f.jpg
色合いがホルスタインのようですよ?

で、食後はいよいよ格別に大きい洞杉を間近で見る。
121018g.jpg
推定直径5m超… 巨大です。 スケール感が写真でお伝えできません。
121018h.jpg
案内板と解説板
121018i.jpg

その向かい側に山の中へ入る木道があります。
121018j.jpg
かなりガクガクしてますが、かなり造りはしっかりしています
この木道が無いと相当歩くのが困難な斜面に洞杉が生えています。
121018k.jpg
“最大杉の木”と名前がついていましたが、
     相変わらず画像がイマイチで申し訳ない。
          近過ぎて、大き過ぎて、なかなか難しいのです。
根幹部で巨大な石を抱いています。 
121018l.jpg
それを左側面から… 存在感に圧倒されっ放しで、画像が滅茶苦茶ですな…
121018m.jpg
この画像で解る通り、森の奥に巨木がポツポツ見えます。
    この南又谷周辺のみの調査で120本程度と言う事なので、
        この連山一帯だとその数倍はこんなのが生えているのでしょう…

121018n.jpg
木道を歩くピース先輩とピースママきょんさん。

121018o.jpg
こっちはパンチ君と怪しいおじさん。

121018p.jpg
パンチはナチュラルフードを… いやいや杉の枝をガウガウ中。

森の中を一回りして元の所へ出て、もう少し上流に進むと、
   ここにも群を抜いて巨大な洞杉がそびえるように生えている。
121018q.jpg
幹の太さと言うか、生え際の大きさは、1Boxカーよりデカいかも…
すっかり洞杉群を堪能し、マイナスイオンで体をリフレッシュもできました。

帰り道は下りなのでテクテクと楽ちんです。
121018r.jpg
帰りもパンチはいつの間にか木の棒を銜えていました。
     まるでタバコを吸っているように見えるのですが…
         そして帰り際に、若干乾燥気味の×2も無事回収。

往復約4.5Km、食事も含めてトータルで約3時間のハイキングでした。
ワンコ達が一緒だったのでかなりダラダラ歩いた感じですが、程良い距離でした。

強大な自然のエネルギーと時間の重みを間今見る事ができます。 無料ですし…
ぜひ機会が合ったら一度行って見て下さい。
ただし2~3日晴天が続いた後じゃないと
木道は滑るかもしれません。 気を付けて。
関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2012/10/18 Thu. 23:07 [edit]

CM: 2
TB: 0

« フレブルはストーカー  |  洞杉探訪(前編) »

コメント

行きたい所リスト入り決定です

すてき!まさしく私好みのハイキングコース…。
日帰りにはちょっと遠いかなぁ?早朝出発すればなんとか・・・。

BOBの相棒 #- | URL | 2012/10/19 11:04 * edit *

こんにちは~。さすがに大阪は遠いですね… でもこういう杉の木は京都の山にもあるんですよ。樹齢千年級だそうです。秋の京都も素敵ですよね。v-34

Punchパパ #- | URL | 2012/10/19 13:26 * edit *
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://bulldogpanchi.blog.fc2.com/tb.php/33-a2286653
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

▲Page top