Punchの甘えん坊将軍

フレンチブルドッグのパンチ君とのほのぼのスローライフ

0306

XF27mmF2.8Rで海王丸パーク  


新しいカメラを手に入れて子供のように喜んでいるのですが、
    ボディが変わった事で手持ちのレンズのキャラがどう変わる?
        と言う事で、カメラが変わると2度美味しいのでありますよ。

で、今回合わせてみたのがXF27mmF2.8R。
     現行フジフイルム中最薄最軽量ではないかな?

レンズが薄くなっただけで、ゴツイ一眼からライトなバカチョンにイメチェンです。
170305a1.jpg
お気に入りのライカ風プロテクターを着けてもこんな感じ。
     軽さは絶対的正義である。  超快適でバシバシ撮ります。

170305a3.jpg
このレンズはX-M1用に着けっぱなしにしようと思って買った物。
でもなんだか切れ味がイマイチと言うか、もっさりした印象だった。
で、あまり出番が無かったんですけど、X-T2に合わせてみたら生き返った。
170305a4.jpg
明るさのコントロール… つまり絞りが上手く行くと素晴らしい。
170305a5.jpg
とりわけ晴天でたっぷりの光量があると簡単です。
170305b1.jpg
焦点距離27mm(実質42mm程度)も悪くない。

170305b2.jpg
今までこう言う写真はミスが多かったけど、X-T2のAF速度がそれを補ってくれます。

170305b3.jpg
今日は晴天の土曜日と言う事で、普段の週末の5~6倍の人出でまあまあ賑やか。
170305b4.jpg
ワンコ連れも多数…  ご挨拶は楽しいです。
170305b5.jpg
人様に対してのサービスも忘れて降りません。
170305c1.jpg

170305c2.jpg

170305c3.jpg

170305c4.jpg
ほとんどがパンチの体重の1/3以下の小さい子ばかり。
170305c5.jpg
パンチのマッチョぶりが際立ちます。
170305d1.jpg
XF27mmF2.8Rには絞りリングが無いのでカメラ側で絞ります。
それがイササカ面倒で独特の慣れが必要です。
もう1~2段階明るい方が、画的には綺麗になるでしょう。
170305d2.jpg
フルサイズから20%へ縮小しても、必要以上に解像度の高さが窺えます。

これから明るい春を迎えるのが待ち遠しい…


欧式カイロプラクティックの老舗    毎日更新中!日刊 himedakaコチラもどうぞ
  カイロプラクター・ヒメノ
関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2017/03/06 Mon. 00:18 [edit]

CM: 0
TB: 0

« ベースが変わると全てが変わる  |  環水公園行って来た。 »

コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://bulldogpanchi.blog.fc2.com/tb.php/776-4cd44026
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

▲Page top