fc2ブログ

Punchの甘えん坊将軍

フレブル・パンチとスローライフ

1122

2日違うだけで天国になった渓流の奇跡  


毎週治療にお越し下さるお客様から柿を頂きました。
   皆さんはお店で柿を買いますか? 僕は買えません。

231122a1.jpg
高くて買えないのではなく、柿を買うと言う習慣が無い。
   柿とイチジクとザクロは誰から頂く物だと思い込んでいる。

さて、前回の釣りからほんの2日後…

231122a2.jpg
この日も午前中にきちっと仕事をしたので
   午後から一番近いいつもの渓流へ行きました。

まぁ一昨日そこそこ良い釣りができたので
   同じ快感を味わってやろうって軽い気持ちでした。

ササッと着替えてロッドを繋ぎ、リールを装着。
次にラインをガイドに通してテーパーリーダーを結ぶ。
そしたら川に入ってお気に入りのフライをリーダーの先端に結ぶ。

1日を占う最初のポイントを見極め、慎重に正確にフライを投げる。

231122a3.jpg
はい、釣れました。  何か今日は良さげな予感がした。
一応最初の1尾なのでイッパイ写真を撮るw デジカメとスマホでw

一連の儀式のあと素早くリリースして、
   そのままのフライをリフレッシュした後
      一つ奥のポイントへフライを打ち込む。

231122a4.jpg
フライが着水して1秒経つか経たないかの刹那
   下からフライを吸いこんで水面直下で激しく反転
      水飛沫が上がった瞬間ラインを跳ね上げてアワセる

なんか、魚がイッパイ居るんだが…w

231122a5.jpg
2尾釣った後のパラシュートフライ。 
パラシュートはとても丈夫で壊れない上、
大変良く浮きずっと使い続けられる優秀なフライ。

231122b1.jpg
その後もイワナがバンバン釣れる
   前回から2日しか経ってないんだが
      2日の間にいったい何が起きたんだ?
         天国みたいな川になってるじゃないか

231122b2.jpg
いや、マジでお魚天国。 この大して大きくない川に何が起きた??

231122b3.jpg
テンカラ針をアレンジした超手抜きパターン。
まぁこんな日はどんなフライ使っても釣れるんだけどねw

231122b4.jpg
なんか、魚って釣れ過ぎると似た様な写真で溢れるなww

231122b5.jpg
ピンクをトッピングしたら視認性が上がるかも
と思って巻いてみたケバ目のエルクヘアカディス。

231122c1.jpg
やっぱり何の問題も無く釣れた。 そして視認性はあまり変わらんかった。
水中撮影に挑んでみましたが、水中撮影は山勘でやるので難度が高い。

231122c2.jpg
やっぱり写真は水上が良いですね。
画質がイマイチなコンデジでも稀にこう言う奇跡の1枚が撮れたりする。

231122c3.jpg
大変良い釣りができたので、調子に乗って一番下のエリアにも入って見たけど
上とは打って変わってまさかの魚影ゼロw いやー自然って解らんもんだね~

最下部の一番奥の二段堰堤で、段差は3m以上はある。
   中段の倒木の根の下(黄色い円)にデカいイワナが居る。
      この倒木は直径30cm程の杉の木で樹皮は苔生している。 
         さすが渡る勇気はない。 でも昔なら行ったかも知れないなw

231122c4.jpg
この日の様に良く釣れる日は釣りのテンポもとっても速い。
まだ1時間半しか経っていない事に驚くw

せっかくなのでこの二段堰堤の上のエリアにも入ってみた。

231122c5.jpg
これは偶蹄目の足跡なので、歩いた主は二ホンカモシカ。
   奴らは自分が天然記念物と知っててとても態度がデカイ。
      こんな奴らがザブザブ歩いた後の川で魚が釣れる訳が無い。

231122d1.jpg
結局魚の気配が無いまま終点の二段堰堤へ到着。
   以前赤丸のポイントで良い思いをしたのだが今日は…

しかし最初に入った一番上のエリアが天国だったので
   大変良い気持ちでこの日の釣りは終了して帰りました。

231122d2.jpg
マイナポイントで人気のガスストーブを買いました。
SOTOのST-310に追加されたST-340と言うモデル。

発売当初は速攻売り切れで、定価の2倍以上の価格で取り引きされていました。
それが今ではすっかり落ち着いて定価購入が可能で、転売ヤー号泣事案ですw

これを買ったらすぐに👇コレ👇を買って装着すべし!!

231122d3.jpg
赤丸はアルミ削り出しの火力調節ツマミで
   赤い棒状の物は滑り止めのシリコンチューブ。

231122d4.jpg
装着した姿。 ツマミは姿が良くて調整が楽ちん。
   シリコンチューブのおかげでビクとも滑りません。

キャンプで使う小洒落たホーローケトルを探してみた。
   山ほどあるのだが、迷ったので一旦思い留まったて
      以前使ってたステンレスのケトルを取り出すために
         開けた事の無い棚の扉を開けたら、そこに天使が居たw

231122d5.jpg
姿と言い、サイズと言い、色と言い、おおよそ理想に近いケトルがそこにあった。
   調べて見たら富士琺瑯とUCCのコラボ商品でなかなかレアな人気商品だった。
      誰の手でどういう事情でいつから我家にあったんだろう?よしよし僕が愛用してあげる。

毎日更新中!日刊 himedakaコチラもどうぞ

欧式カイロプラクティックの老舗   
  カイロプラクター・ヒメノ

Posted on 2023/11/22 Wed. 17:24 [edit]

CM: 0
TB: 0

1115

私のフライボックス遍歴  


フライフィッシングを始めてかれこれ25年
   年齢的には開始は結構遅くて途中かなり
      ブランクも有ったりしたけどそれでも25年

231115a1.jpg
一番最初の頃使ってたフライboxが左の大きい奴。
    沢山のフライが収納出来て戦略的に良いと思ってた。

231115a2.jpg
数年後、それが野暮ったく思えて変えたのが真中。
    パターンごとに分けて収納出来るし、取り扱いも楽。

231115a3.jpg
私が使う最小サイズのフライがこの辺のサイズ。
HBの鉛筆の芯先と比べて頂けたら解り易いでしょうか?

231115a4.jpg
こんな小さいフライでも波打ってない静かな水面なら
    10m先にあっても意外と見えるんだから不思議です。

231115a5.jpg
とは言え、最近は使わなくなりましたけど…w

そしてブランクの後、去年から再開してみて今一番気に入ってるのが右。

231115b1.jpg
ご覧の通り、掌より小さい。  ちなみに僕の手はかなり小さいw

231115b2.jpg
フライもシンプルで良く釣れるエルクヘアカディスが中心。

231115b3.jpg
フライ界で言う所の#12~#14と言う標準的な大きさ。
    これで釣れなきゃ諦めるわwって思えるようになった。

さてこんなフライボックスをズボンのポケットに入れて、6月5日に釣りに行きました。

この日は午前中仕事だったので釣りは午後から。

231115b4.jpg
現地に着いて、昼飯のおにぎりをモグモグしながら釣りの準備。

231115b5.jpg
久し振りに世界の銘機オービス・CFO123を使ってみる。

231115c1.jpg
はい、釣れました。 今日は幸先が良いな~。

231115c2.jpg
右の口元にわずかにフライの赤いインジケーターが見えています。
結構大きめのフライをガッポリと咥えたようです。

231115e1.jpg
ヒットフライはコレでした。  赤い毛の先が口から見えていました。

231115c3.jpg
もう少し写真を撮ろうと思ってたらネットからダッシュで川に戻って行きました。

次のエリアの良いポイント。

231115c4.jpg
この画像を見てお気づきの方も居られるでしょうか?
    前回行ったのと同じ川で、同じ位置から撮影しています。
        その赤いマーク周辺のアップが次の画像になります。

231115c5.jpg
過去の経験から良いポイント順に、左上→右上→真中下となりますが、
    実際に釣りをするのは上記の逆で、手前から狙って行く事になります。

ちなみに立って竿を振っている所から一番手前の真中下のポイントまでは約10m。
右上までは更に2m奥、左上までは3m奥くらいになります。

231115d2.jpg
そして釣れたのがこれ。  ちなみに一番手前のポイントからでした。

231115d3.jpg
前回の魚と同様に、斑点が黄色いイワナです。

そしてその奥の2つのポイントには魚の反応はありませんでした。

その後一旦川から上がって、堰堤を1つ下りた下のエリアに入って見ました。

231115d1.jpg
暫く探ってみましたが魚が居ない感じでした。

その代わり、思いがけないお土産が沢山採れました。

231115d4.jpg
一般にヨシナと言われる山菜です。  
    正式名称はウワバミソウと言います。
        灰汁も癖も無くて大変美味しい山菜。

231115d5.jpg
茹でると鮮やかな緑色になります。
このヨシナの特徴は茹でてもホウレンソウみたいに柔かくなり過ぎない所。
すき焼きの具などに超お薦めで、絶妙な歯応えが癖になります。
煮て良し漬けて良しの超優等生。  

画像のヨシナは鉛筆ほどの太さの素晴らしい物です。
春から秋まで収穫の時期が長いのも特徴ですね。

毎日更新中!日刊 himedakaコチラもどうぞ

欧式カイロプラクティックの老舗   
  カイロプラクター・ヒメノ

Posted on 2023/11/15 Wed. 22:30 [edit]

CM: 0
TB: 0

1113

祭りから数日後  


思い起こすと今年は全般的に雨が多くて
   その雨の一つ一つが災害級の大雨でした。

街は雨が止んだらそれで大丈夫だけど
   渓流は増水が落ち着くまで3~4日掛る。

だから4~5日おきに大雨が降ったなら
   ず~っと釣りに行けない日が続きます。

と言う訳で、祭りの後釣りに行けたのが2週間後の5月31日の事でした。

231108c1.jpg
この日の川は、先を争わなくて良い川だったので
    現地到着はかなりゆっくり目の7時半ごろでした。

231108c2.jpg
川の水は色がイマイチだったけど、取り敢えず釣りを始めます。

231108c3.jpg
滅多に出番がないエイベルのリールが不憫だったので使う事にする。

231108c4.jpg
最初のフライはコレ、クリンクハマーです。
防水材漬けてから撥水パウダー塗したら粉だらけw

231108c5.jpg
はい、1発で釣れました。  
岩の間に潜られて背中に傷が付きました。

231108d1.jpg
でも斑点が黄色い綺麗なイワナです。

231108d2.jpg
モミジイチゴがあちこちに生ってました。
    このオレンジ色の奴が一番美味しいね。

毎日更新中!日刊 himedakaコチラもどうぞ

欧式カイロプラクティックの老舗   
  カイロプラクター・ヒメノ

Posted on 2023/11/13 Mon. 18:25 [edit]

CM: 0
TB: 0

1108

暗くなるのが早くなった  


なんと、5時過ぎたらほぼ真っ暗なんだね。

11月8日頃ってこんなだっけ? ちょっと前まで暑かったからね~。

231108a1.jpg
少し前、コンビニでこんなの見つけた。

231108a2.jpg
横からの姿。  爆盛だと?  めん2玉だと??

231108a3.jpg
開けて見たらそのまんまやったww
   ノーマルUFO二段重ねワロタww

容器の形が面白かったので買ってみたけど
   食べたら予想以上に胃に持たれてしまった。
      そもそも還暦過ぎてこんなもん食べたらアカン

さて、釣り関係の話題。

3月に車中泊用にハイゼットカーゴを手に入れたので
   そろそろ一回本気で試してやろうと思って出掛けた。

231108a4.jpg
と言う事で5月14日、午前中で仕事を終えて13時ごろに荷物を積んで出発。

スケジュールは、まずは一番近い川で釣りをして
   その後明日のメインの川へ移動してから車中泊
      夜の宴を楽しんで就寝し、翌早朝入渓して釣して
         昼過ぎに現地を出て、夕方までには帰宅の流れ。
            唯一心配なのは今日だけ天気がイマイチなこと。

途中買い物を済ませて最初の現地に到着したのが2時半過ぎ。
231108a5.jpg
悪くない時間だ。

が、魚が全く居なくて撃沈ww

気を取り直して本命の河川へ移動したら、現地に近付くにつれて風が強まって嫌な感じ。
思い切って峠を一つ越えて思いっきり山奥へ行く事にした。

231108b1.jpg
行って見て驚いた。  深い谷が雪で埋まってた。

231108b2.jpg
この道をあっちから進んで来たのだが、
   ご覧の通り本来この内側は高い崖で
      もしも転落したら100m近く落下するw

そんな谷が山から滑り落ちた雪で埋まっていた。
   さすがに海抜1000m地帯はスケールが違うなw

231108b3.jpg
目的地に着いたのがこの時間で、
   上方にわずかに写る外の景色は
      夕闇の中ヘッドライトが照らす道路

そして外に出るのを憚るほどの暴風が車を揺らす。
こんな中で夜の宴なんかできる訳が無いし、何より怖いw
僕が言う怖いは心霊的な怖いじゃなくて、遭難の可能性の方。
イイ歳したオッサンが無茶して誰かに迷惑かけたら超カッコ悪いから。

ここは谷が深いのでラジオはAMでも入らない所だが
   なぜか突然、奇跡的に地元KNB放送をキャッチした。
      音声は短時間で「今夜は山間部で大雨の予報です」と。
         なんだと? 解った。 これは神様の啓示に違いない。

私は分別ある大人なのである。
   未然に防げる災難は避けるべし!

と言う事で暗闇の中、さっきの崖の道を通って
   車中泊自体を諦めて帰宅。 熱いシャワーと暖かい布団

古かろうがボロかろうが、自宅は快適で素晴らしいww

こんな感じで予定外に帰って来た翌日は
    5月15日、地元の春祭りで獅子舞である。

231108b4.jpg
見るのを諦めてた青年団の獅子舞が昼に来た。

231108b5.jpg
少子化で継続が困難になって獅子舞を止めた町内もある中
   うちの町内は今でも続けられることを喜ばなくていけないな。

と言う感じで、5月15日頃までの出来事でした。

毎日更新中!日刊 himedakaコチラもどうぞ

欧式カイロプラクティックの老舗   
  カイロプラクター・ヒメノ

Posted on 2023/11/08 Wed. 18:00 [edit]

CM: 0
TB: 0

1103

またまた、近況報告など・・・  

ご無沙汰です。 な~~んか面倒な事があれこれと・・・
   それも少し落ち着きましたので、スローペースで再開です。

231103c5.jpg
なかなか釣りには行けてません。 でも気持ちだけは盛り上がってて
   準備だけはしておこうかと思ってAmazonフル活用の日々であります。
      以前から愛してやまないファーヤーラインがリニューアルしていました。

さて、今歳の渓流シーズンの回顧録です。
   山の春は超遅い。 とりま4月18日の様子。

231103a1.jpg
ここは我が家から一番近い、つまりは一番浅い山であります。

231103a2.jpg
それでも御覧の通り、道端には残雪が沢山あるのです。

231103a3.jpg
そして肝心の川はというと、この有り様…
水は少なく川幅も半分ほどしかない。

一応入渓してイイ感じの所まで歩いてみる。

231103a4.jpg
う~~む、悪くはない。  でも魚の反応はゼロでした。

231103a5.jpg
それでも年明けから何本か手に入れたロッドがあって、
   それを振って見るって目的だけは果たしました。(´∀`;)ゞ

続けて4月24日のこと。

231103b1.jpg
ここは私がメインステージにしている川で標高が結構高いです。
当然残雪の量も大変多く、先の川より更に1ヶ月春が遅い感じです。

231103b2.jpg
残雪のスケール感はこんな感じです。

231103b3.jpg
でもちゃんと春なのでヤマブキの花とか綺麗に咲いてるんですよ。

231103b4.jpg
しかし川に入って見ると御覧の通り…
雪が川を覆ったままで、所々にこう言う雪のトンネルが出来ています。
こんなコンディションで魚なんか釣れる訳無いww
まぁ、どんなもんかと見に来ただけなんで。

231103b5.jpg
車に戻って暖かいカフェオレでも楽しみます。
この日のここの気温は5~6℃と結構寒かった。

手ぶらで帰るのも何なんで、お土産を少々。

231103c2.jpg
こんなコゴミが沢山生えていました。

231103c3.jpg
そしてこちらはワサビです。

山へ行くとワサビは意外とアチコチに生えているのですが、
   根子にワサビが付いているのはほとんど見た事が無かった。
      なので葉っぱをちぎって噛みながら川を歩く程度だったけど、

231103c4.jpg
これは珍しく食べられる根子が付いていました。
   辺り一面に生えてる中から無作為に3株抜いて来た。

そして今年最初のイワナが釣れたのが5月12日。

231103d1.jpg
前回から20日ほど経ってからの釣行です。
タニウツギが満開でした。 山で見る春の花で一番好きな花です。

231103d2.jpg
そしてこれが今年最初のイワナです。

231103d4.jpg
パラシュートパターンのドライフライで一発でした。

231103d3.jpg
嬉しいのでイッパイ写真を撮りました。
そしてデジカメだけじゃなく、今年からはスマホでも写真を撮ります。
そして去年までの僕同様にすっかり釣から足が遠退いている友人にラインで送ります。

231103d5.jpg
その後もう1尾釣りました。
シーズン最初に2尾スタートはマアマア良いかも…

それではまた。

毎日更新中!日刊 himedakaコチラもどうぞ

欧式カイロプラクティックの老舗   
  カイロプラクター・ヒメノ

Posted on 2023/11/03 Fri. 19:45 [edit]

CM: 0
TB: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

▲Page top